帯状疱疹 頭痛 吐き気 嘔吐 発熱 

帯状疱疹で頭痛や吐き気がするのは危険?

 

 帯状疱疹という病気を知っていますか。

 

 帯状疱疹で、頭痛や吐き気、嘔吐、発熱などが現れたら注意した方がいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 帯状疱疹は、比較的年齢の高い人に罹る傾向にある病気とされています。
 それは、この病気の原因となるウイルスは、子供の頃に罹った水疱瘡に大きく関係しています。

 

 水疱瘡は、ほとんどの場合で子供が罹る病気です。
 ただ、水疱瘡が治ってもそのウイルスは死滅することなく、体内に潜伏し続けるようになります。

 

 それが、長い年月を経て年齢が上がってくると、再び活動し始めることがあるのです。

 

 そのキッカケになるのが、体力の低下によって免疫力が弱くなってしまうことです。
 あるいは、他の病気の影響などで免疫力の低下を招いてしまうことも要因となります。

 

 このようなことで、50歳を超えてくるとどうしても体力の衰えがでてきてしまうことが多くなり、帯状疱疹に罹るリスクも大きくなってしまうのです。

 

 帯状疱疹の主な症状は、皮膚の発疹と痛みや痒みです。
 特徴的なのが、その発疹の現れ方で身体の片方に帯状に発疹ができることが多くなります。

 

スポンサーリンク

 

 これは、ウイルスが身体の神経節に沿って潜伏していることが原因です。
 また、その痛みも激しくなることがあり、夜も眠れない状態になってしまうこともあるとされています。

 

 多くは、身体の上半身にその症状が現れるのですが、怖いのは頭部に現れるようになることです。
 顔や頭にその症状が現れるようになることがあり、これらは合併症として知られています。

 

 頭痛や吐き気、嘔吐、発熱を伴うのもその合併症の一つになります。
 これは、『髄膜炎』という症状で、ウイルスが脳の髄膜に侵入することで、頭痛や吐き気、嘔吐、発熱などが引き起こされるようになるものです。
 帯状疱疹に罹った人の約半数程度に現れるようになると言われています。

 

 また、この他にも合併症としては、『ラムゼイ・ハント症候群』と呼ばれるものもあります。
 これは、帯状疱疹の症状が顔に現れるもので、顔面神経の麻痺によって目や口が開きにくくなり、難聴やめまい、耳鳴りなどを伴うこともあります。

 

 顔や頭に発疹が現れるような時には、このような帯状疱疹の合併症に注意しましょう。
 特に、頭痛や吐き気、嘔吐、発熱の場合には合併症の疑いが大きくなります。 

 

 次はこちらの記事です。
 帯状疱疹で頭がかゆいのは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。