帯状疱疹 頭 かゆい

帯状疱疹で頭がかゆいのは?

 帯状疱疹では、頭がかゆくなるのでしょうか。

 

 帯状疱疹は、小さな子供の頃にかかった水疱瘡が大きく関係している病気です。
 発症させるウイルスは水疱瘡と同じものなのですが、新たに感染するということではありません。

 

スポンサーリンク

 

 水疱瘡が治って場合でも、そのウイスルは死滅することなく、体内に留まるようになるのです。
 通常は、身体の神経節に潜むようになります。

 

 身体が元気で、充分な体力があり、免疫力もしっかりしている場合には、そのウイルスもそのまま静かにしています。
 しかしながら、年齢と共に徐々に体力が低下してくるような高齢になると、免疫力も衰えてしまうものです。

 

 そういう状態になると、潜んでいたウイルスが再び活溌になってくるようになります。
 それで発症するのが、帯状疱疹です。

 

 多くの場合には、身体に片側に帯状に赤い発疹ができ、痛みや痒みを感じるようになります。
 ただ、そのウイルスが顔や頭にまで侵入することがあります。

 

 その結果、頭が痒くなったり、痛くなったりするようになります。
 また、顔面の神経が麻痺してしまうような症状に陥ることもあるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 このように、頭や顔が痒いのは、ウイルスが頭部にまで侵入してきているからです。

 

 これらは、帯状疱疹の合併症とも言われているもので、特に気を付けたい症状です。
 ウイルスが髄液にまで侵入してしまうと、髄膜炎や脳炎を引き起こすことがあり、痒みだけでなく頭痛を感じるようになります。

 

 顔面神経の麻痺では、口や目が開きにくくなることもあり、日常生活にも支障をきたすようになります。

 

 このため、頭や顔に痒みや痛みを感じたような場合には、早めに病院で診てもらうようにしましょう。
 早い段階で治療することで、その程度も軽く済み、治るまでの期間も短くて済むようになります。

 

 治療が遅くなると、治っても痛みが続くこともあるので気を付けましょう。
 これは、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる症状で、長期間に渡って、痛みに悩まされることもあります。

 

スポンサーリンク