帯状疱疹 子供 学校

帯状疱疹!子供の学校はどうなる?

 

 帯状疱疹になったら、子供の学校はどうなるのでしょうか。

 

 帯状疱疹の発症は、水疱瘡と同じウイルスであるヒトヘルペスウイルスが原因となって発症します。

 

スポンサーリンク

 

 過去に水疱瘡を発症することでこのウイルスが体の中の神経節に常に潜んでいる状態となり、病気や加齢によって免疫力が下がった場合にこの潜伏していたウイルスが再度活動を始めるのです。

 

 この帯状疱疹は水疱瘡と同じウイルスですが、水疱瘡の感染経路は咳やくしゃみによる空気感染、水疱が破れた際に出る液に触れる事による接触感染であり非常に強い感染力を持つので完全に水疱が瘡蓋になるまでは子供は学校を休まなければなりません。

 

 帯状疱疹の場合空気感染をする事は無く感染力も弱い為に学校を休む必要はありません。
 しかしチクチクとうずくような非常に強い痛みがあり時に発熱を伴う場合もありますから暫く学校を休み体を休める子供が殆どです。

 

 帯状疱疹は空気感染の心配がなく感染力も弱いのですが、患部から出る浸出液に触れる事で感染する可能性は高まります。

 

スポンサーリンク

 

 特に今まで水疱瘡を発症した事の無い水疱瘡に免疫を持たない人や、免疫力が低下しやすい高齢者や妊婦は気をつけなければならず、周囲に帯状疱疹を発症している患者がいる場合は接触を避ける必要があります。

 

 そして患者自信が気をつけなければならないのは患部をガーゼで覆い薬を塗る際に患部を触った場合には手洗いをしっかりと行い患者が使用したタオルの併用は避けるようにする事です。
 この病を一度発症すると再発する可能性もあり症状がおさまったにも関わらずずっと痛みが長引く場合もあります。

 

 発症を予防する為には、日頃からストレスや疲労を溜めないように心がけていかなくてはなりません。
 そして発症した場合には直ぐに病院を受診し早急に治療を行わなければなりません。

 

 次はこちらの記事です。
 帯状疱疹の治療中は仕事を休む?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。