帯状疱疹 痛み 和らげる

帯状疱疹の痛み!その原因と和らげる方法は?

 帯状疱疹の痛みの原因は、何なのでしょうか。
 それを和らげるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 現代の社会は、相対的にストレスが多くなっていますので、ストレスが関与する疾患が増加しています。
 ストレスが多くなると、表面上は身体にそれほど大きな変化を起こしません。
 しかし身体のなかでは、ストレスが多くなると、大きな変化が起こるのです。

 

スポンサーリンク
 

 

 特に変化するのが、自律神経の働きになります。
 自律神経は、自分で意識しなくても、勝手に働いてくれる神経です。

 

 例えば、食物を摂取して胃まで到達すると、勝手に胃液が分泌されます。
 この胃液の分泌は、自律神経が機能することによって、自動的に行われているのです。

 

 こうした自律神経は、ストレスを受けると交感神経が優位に働き始めます。
 交感神経が一時的に優位に働くことは、免疫力を高めることもあります。

 

 しかし、持続的に交感神経が優位に働くと、免疫力を低下させるようになるのです。
 このようにストレスによって免疫力が低下すると、さまざまな疾患が発生することがあります。

 

スポンサーリンク

 

 そうした疾患の一つが、帯状疱疹です。
 帯状疱疹は、免疫力の低下に伴って、神経に潜んでいたヘルペスウイルスが活動することで発生します。
 はじめは、水泡ができているだけで、痛みを自覚しないこともあります。

 

 しかし、徐々に痛みを自覚するようになって、最終的には耐え難いものに発展することもあるのです。
 そうした帯状疱疹に対する痛みは、消炎鎮痛剤だけによる治療では、和らげる効果が不十分になります。
 原因がヘルペスウイルスですから、ヘルペスウイルスに対して効果がある治療が必要なのです。

 

 消炎鎮痛剤は、あくまで痛みを軽減するだけで、ウイルスに対して作用するわけではありません。
 そこで必要になるのが、抗ウイルス剤を用いることです。
 抗ウイルス剤の場合は、ヘルペスウイルスに作用するので、痛みを早く和らげる効果が期待できます。

 

 次はこちらの記事です。
 帯状疱疹の治療は何科の病院がいいの?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。