帯状疱疹 治療 病院 何科

帯状疱疹の治療は何科の病院がいいの?

 帯状疱疹の治療は、何科の病院で診てもらうのがいいのでしょうか。

 

 高齢者の増加やストレス社会の影響もありまして、帯状疱疹を患う人が増えています。
 この疾患を患うと、病院で治療を行う際に、何科に受診するかがよく問題になるのです。

 

スポンサーリンク

 

 まず、水泡が皮膚に形成されるということから、病院でいちばん利用されるのは皮膚科になります。
 水泡は、この疾患以外においても、形成されることがある症状です。

 

 例えば、火傷をすると水泡が形成されますし、膠原病を患うことでも形成されることがあります。
 そうした水泡の原因の鑑別を、皮膚科はとても得意にしているのです。

 

 皮膚科では、抗ウイルス剤の軟膏や内服薬を処方して、治療を行うことが一般的です。
 また帯状疱疹では、耐え難い強い疼痛を起こすことがあります。

 

 具体的には、昼夜を問わず強い疼痛があるために、日常生活を送ることが困難になることがあるのです。
 強い疼痛があまり持続すると、強い疼痛を脳が記憶することがあります。

 

スポンサーリンク

 

 脳が強い疼痛を記憶すると、水泡が治っても疼痛が持続することがあるのです。
 そうした意味において、帯状疱疹による強い疼痛は、早めに改善する必要があるのです。

 

 そうした耐え難い疼痛の治療を得意にするのが、病院では麻酔科になります。
 麻酔科は、手術時の痛みをコントロールする技術を応用して、手術以外でも治療が行っているのです。

 

 麻酔科では、入院をしながら持続点滴を行うことが多くなります。
 点滴の内容は、抗ウイルス剤と消炎鎮痛剤を用いることが一般的です。
 また、必要に応じて神経ブロック療法などを行うことで、さらなる効果を発揮させることもあります。

 

 さらに、帯状疱疹による疼痛は、精神的な影響を受けることで、増強することがあります。
 そうした精神的な影響による疼痛の管理は、心療内科が得意にしているのです。
 このように、帯状疱疹の治療で病院の何科を受診するかは、ケースによって選択する必要があります。

 

 次はこちらの記事です。
 帯状疱疹で入院!疼痛を感じる期間はどれくらい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。