帯状疱疹 薬 塗り薬 治療 軟膏

帯状疱疹の治療は内服薬?それとも塗り薬?

 帯状疱疹の治療は内服薬がいいのでしょうか。
 それとも塗り薬がいいのでしょうか。?

 

 帯状疱疹は、体の左右どちらか片側にピリピリとした痛みが生じ、その後赤い発疹や水ぶくれが帯状に現れる病気です。
 この病気は、過去に罹った水ぼうそうウィルスが原因とされています。

 

スポンサーリンク

 

 子供の頃などに初めてこのウィルスに感染すると、水ぼうそうを発症します。
 水ぼうそうは治療した後でもウィルスの一部は死滅せず、体内の神経節に潜んでいるのです。
 その後、加齢やストレス、過労等で免疫力が低下すると潜んでいたウィルスが再活性化し、神経を伝わって皮膚に達し帯状疱疹を発病すると考えられています。

 

 この病気は50代以降の中高年に多いと言われますが、仕事や家事に忙しく過労気味な若い世代の発症も決して少なくありません。
 なお、帯状疱疹そのものがほかの人にうつることはありませんが、水ぼうそうウィルスを持たない乳幼児などには水ぼうそうとしてうつる場合があるため注意が必要です。

 

 帯状疱疹の症状は、発疹が出る数日前からピリピリとした痛みが起こり、やがてその部分に発疹や水ぶくれ等の皮膚症状が現れます。
 この他、発熱や頭痛などの合併症が現れる場合があります。

 

スポンサーリンク

 

 この病気は皮膚と神経の両方に炎症が起こっているため、非常に強い痛みが特徴とされています。

 

 しかも、皮膚症状が治まっても神経の痛みが残りやすく、特に高齢の患者はしつこい神経痛に悩まされるケースがみられます。
 こうした神経痛は、発病後早期に治療を開始することで予防できるとされていることから、症状が疑われた場合は早急に病院を受診することが大切です。

 

 帯状疱疹の治療には、抗ウィルス薬の内服薬と塗り薬の使用が一般的です。
 塗り薬は、水ぶくれに塗布します。

 

 なお、抗ウィルス薬は使用してすぐ効くものではなく、数日後から徐々に効果が現れるものであり、またある程度長期間持続することが必要とされています。
 薬の使用は、必ず医師の指示を守ることが肝心です。

 

 次はこちらの記事です。
 帯状疱疹で薬を服用する期間はどれくらい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。