帯状疱疹 薬 服用 期間

帯状疱疹で薬を服用する期間はどれくらい?

 帯状疱疹で薬を服用する期間はどれくらいなのでしょうか。

 

 帯状疱疹の治療では、ウイルスの作用を抑える抗ウイルス薬が使用されます。
 この薬は、帯状疱疹の治療で用いる場合には服用期間が7日間に限られているのが特徴です。

 

スポンサーリンク

 

 ヘルペスウイルスの抑制に効果を発揮するこの薬は、一般のヘルペス疾患でも使用されることがありますが、その場合には服用期間が通常5日間程度になります。
 一旦服用を開始したら、続けて飲むことが非常に大切な薬です。

 

 帯状疱疹は、発症後すぐに治療を始めることで治りをスムーズにすることが出来ます。
 初期にはピリピリと痺れるような痛みを覚えることが多く、特徴的な症状に早く気付くことが大切です。

 

 治療薬を早期に飲み始めれば、ウイルスの増殖を最小限に抑えることが可能になります。
 帯状疱疹は重症化すると治癒後にも痛みが残ることがあるため、出来るだけ早く手を打つことが必要です。

 

 症状が重い場合には、ペインクリニックなどの痛み専門の診療科を受診するのも一つの方法です。
 こういった診療科では、時に点滴などを用いて速やかな回復を促します。

 

スポンサーリンク

 

 治療を行う医師の方針によっては、神経ブロックなども一つの選択肢です。
 ペインクリニックは痛みをコントロールするのが専門であり、帯状疱疹で多く見られる神経痛を予防するためにも様々な対策を行っています。
 通常は1週間から2週間程度で症状は治まります。

 

 ですが、このような治癒のペースには個人差があるのが本当の所です。
 後遺症として痛みが残ってしまった場合には、半年程度は何らかの症状が出ることがあります。

 

 初期には他の皮膚の病気との区別がつきにくいこともあるため、ヘルペス疾患に詳しい医療機関を受診するのがベストです。
 免疫力を上げるアプローチも有効となります。

 

 次はこちらの記事です。
 帯状疱疹の薬バルトレックスには副作用がある?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。