帯状疱疹 治療 食べ物 食事

帯状疱疹の治療薬と免疫力を上げる食べ物

 帯状疱疹の治療薬と免疫力を上げる食べ物には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 帯状疱疹とはウイルス感染によって発症する疾患のことです。
 子供が発症した場合には水疱瘡と呼ばれます。

 

スポンサーリンク

 

 子供の頃に水疱瘡のウイルスに感染すると、水疱瘡の症状自体は1週間前後で治ります。
 しかし、ウイルスは完全には消滅せず、神経細胞が集まっている神経節に留まり、長い場合には何十年も潜伏し続けます。

 

 大人になって、免疫力が低下した際にウイルスが増殖を始め、帯状疱疹を発症します。

 

 免疫力が低下する原因は、ストレス、老化、抗がん剤治療などがあります。
 発症しやすい年齢は50歳代から70歳代になります。

 

 強いストレスや過労などが原因で若い人に起こることもあります。
 症状の度合いは患者自身の免疫力に左右されます。

 

 初期の段階で適切な対処を行わないと、徐々に重症化することもあるので注意しなければなりません。
 帯状疱疹の症状は、皮膚の痒みから始まります。
 痒みを感じた部分に赤い発疹が現れ、水ぶくれのような状態になります。

 

 症状が現れるのは身体の左右どちらか一方のみになります。
 一度に2箇所以上に発生することは稀です。

 

スポンサーリンク

 

 帯状疱疹の治療には、抗ウイルス薬と消炎鎮痛薬を用います。
 抗ウイルス薬はウイルスの増殖を抑制し、症状の悪化を予防し、治癒を促進します。

 

 消炎鎮痛薬は痛みや痒みなどの炎症症状を抑制します。
 水疱が破れ、細菌感染を起こしている場合には、抗菌薬を使用します。

 

 これらの薬による治療以外にも、症状の改善を早める方法があります。
 それは食べ物によって免疫力を上げる方法です。

 

 帯状疱疹は免疫力の低下によって発症するため、免疫力を上げることは最も効果的な対策だと考えられます。
 免疫力を上げる食べ物には、生姜、大根、梅干などがあります。

 

 特に、生姜には血行促進や免疫力向上を促す働きの他に、抗菌作用、解毒作用、鎮痛作用などがあるため、非常に有効な食べ物だと言えます。
 大量に食べると刺激が強すぎるので、薬味として取り入れるのがおすすめです。

 

 次はこちらの記事です。
 帯状疱疹が再発する原因とその対策は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。