帯状疱疹 再発 繰り返す 原因

帯状疱疹が再発する原因とその対策は?

 帯状疱疹が再発する原因な、何なのでしょうか。
 どう対策はすればいいのでしょうか。

 

 子供がよく罹患する水疱瘡は、全身の皮膚にたくさんの水泡が形成されます。
 全身に形成された水泡は、特別な治療を行わなくても、しばらくすると消失してしまします。
 そのため水疱瘡は、それほど恐れられている病気ではありません。

 

スポンサーリンク

 

 しかし、水疱瘡の原因であるヘルペスウイルスは、水泡が消失しても体内に潜伏したままになります。
 このヘルペスウイルスが潜伏している場所というのが、体内を走行する神経のなかなのです。

 

 潜伏しているわけですから、ヘルペスウイルスが死滅したわけではなくて、休眠状態になっています。
 ヘルペスウイルスを、休眠状態にさせておくことが出来るのは、身体の免疫力が勝っているからです。

 

 すなわち、身体の免疫力が強い状態だと、ヘルペスウイルスが活動するには不適切な環境になるのです。
 しかし、身体の免疫力が低下すると、ヘルペスウイルスが活動するのに適した環境に変化します。

 

 すると、それまで休眠状態になって神経に潜伏していたヘルペスウイルスが、活動を再開するのです。
 ヘルペスウイルスが活動を再開すると、帯状疱疹となって水泡が形成されます。

 

スポンサーリンク

 

 しかも、子供のときとは異なって、痛みを伴うことが多いのです。
 その場合には、抗ウイルス剤を用いることによって、大抵は改善させることができます。
 しかし、いったん帯状疱疹が改善しても、再発を繰り返すことがあるのです。

 

 したがって、なぜ身体の免疫力が低下したのかという原因を、よく理解することが大切です。
 原因を理解できれば、身体の免疫力の低下による帯状疱疹の再発を、予防することが可能になります。
 身体の免疫力は、身体的な影響はもちろんですが、精神的なストレスとも大きな関わりがあります。

 

 例えば、仕事で精神的なプレッシャーを受けていると、身体の免疫力が低下することが知られています。
 したがって、精神的なストレスを軽減することが、帯状疱疹の予防に繋がるのです。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。