帯状疱疹 かゆみ いつまで

帯状疱疹のかゆみはいつまで続くのですか?

 帯状疱疹のかゆみはいつまで続くのででょうか。

 

 帯状疱疹とは、水疱瘡と同じ水疱ウイルスが原因となり発症する病です。

 

 殆どの方が幼少期に水疱瘡を発症しますが、水疱瘡が完治した後にもウイルスは体内から完全に消滅する事は無く神経節に長期間潜伏し続けます。
 そして免疫力が下がった際に再びウイルスの活動が始まり、帯状疱疹が発症するのです。

 

スポンサーリンク

 

 初期症状ではピリピリチクチクとした様な痛みを感じる事が殆どですが、稀にかゆみを感じるケースもあります。
 それに続いて赤みのある斑点と水疱が現れますが、この症状は体の片側のみに見られ一本の神経に沿う様に帯状に現れるといった特徴があります。

 

 そして発症する部位によっては目や耳の障害、脳炎、髄膜炎、顔面神経痛等の合併症を引き起こす危険性がある為に早急に治療を開始する必要があります。

 

 特に高齢者の場合、帯状疱疹が完治したにも関わらずいつまでも痛みやかゆみがある症状を持つ帯状疱疹後神経痛を発症する恐れがある為に初期症状を見逃してはなりません。

 

スポンサーリンク

 

 帯状疱疹の治療方法とは、抗ウイルス剤の内服薬や塗り薬を使用しウイルスの増殖を抑え、消炎鎮痛薬で痛みを和らげます。
 早期治療を行えば行う程治るまでの期間を短縮する事が出来ますが、殆どの場合治療開始から3週間から1ヶ月程で完治します。

 

 抗ウイルス薬は効果が現れるまでに2〜3日程かかるので、効果が無いからと言って自己判断で服用を中止してはなりません。
 水疱が現れている時期にはピリピリと電気が走った様な痛みやかゆみを感じますが、水疱が破れて瘡蓋になれば強いかゆみがあらわれる場合もあります。
 そしてかゆみがいつまでもしつこく残ると言う場合もありますが、このかゆみは治りかけの症状でもあり、殆どの場合日数の経過とともに改善されていきます。

 

 しかし2ヶ月〜3ヶ月経過しても治まらずいつまでもかゆい場合には、帯状疱疹後神経痛を発症している可能性もあります。
 再度、病院を受診するようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。 
 帯状疱疹の跡が消えない場合には?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。