帯状疱疹 跡 消えない 残る

帯状疱疹の跡が消えない場合には?

 帯状疱疹の跡が消えない場合にはどうすればいいのでしょうか。

 

 帯状疱疹とは、ピリピリと痛みのある水疱が皮膚の表面にあらわれる病です。
 この帯状疱疹を発症する原因は、水疱瘡と同じウイルスである水痘ウイルスです。

 

スポンサーリンク

 

 殆どの方は幼少期に水疱瘡に感染しますが、完治した後にも体内のウイルスが完全に消失する事は無く、神経節に隠れるように長期間潜伏している状態となります。
 そして体の免疫力が落ちて来た場合に再びウイルスが活性化して帯状疱疹を発症してしまうのです。

 

 帯状疱疹の初期症状の特徴は、まず水疱が現れる部分の皮膚がチクチクと痛み出し暫くすると皮膚表面に痛みのある水疱があらわれます。
 そして体の左右どちらか一本の神経に沿って水疱が現れるといった特徴もあり、顔や腰、足等様々な場所に発症します。

 

 帯状疱疹は水疱が自然に破れ瘡蓋となり傷跡が消失するまでに3週間から1ヶ月程かかりますが、時に中々跡が消えないというケースもあり、完全に跡が消失するまでかなり時間がかかってしまうことも珍しくありません。

 

スポンサーリンク

 

 帯状疱疹の跡が完全に消えない場合には、レーザー機器を用いた治療を行う方法もあります。
 特に顔等の目立つ場所の跡が消えない場合には、一度美容皮膚科に相談してみると良いでしょう。

 

 早期治療を行うことで皮膚へのダメージを軽減し水疱による跡が残りにくくなりますから、チクチクピリピリとした痛みを感じた場合には、早急に病院を受診し治療を行うことが必要となります。
 治療では、ウイルスを死滅させる効果のある塗り薬や内服薬、鎮痛剤などが処方されます。

 

 帯状疱疹は人から人へ感染する可能性は低いのですが、水疱瘡をまだ発症させていない人に対して水疱瘡として感染し発症してしまうケースもあります。
 感染経路は水疱中のウイルスに触れることによる接触感染で、感染を予防する為には患者との接触や、タオルや衣服等の併用は避ける必要性が出てきます。
 そして患者自身も水疱を触った際には手洗いは十分に行い、患部をガーゼで覆う等の処置が必要となります。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹による頭痛は何科の病院を受診するのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。