帯状疱疹 顔 跡

帯状疱疹!顔の跡への対処はどうする?

 

 帯状疱疹による顔の跡には、どう対処すればいのでしょうか。

 

 帯状疱疹は体に出来る場合もありますが、顔に出来る場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

 帯状疱疹の炎症が起きた跡は、ニキビ跡と似ていると言われています。
 そのため、顔に出来た場合には、気にするという人が多いようです。

 

 自分で出来る対処法としては、専用のクリームを塗るという方法があります。
 ドラッグストアなどでも簡単に手に入れることが出来るクリームです。
 ニキビ跡や擦り傷、ヤケドなどの色素沈着の改善にも効果を期待することが出来ます。

 

 また、その他に肌のターンオーバーを活性化させるという方法もあります。
 新陳代謝を良くすることにより、肌表面の傷ついた部分が剥がれ落ちます。

 

 ターンオーバーを活性化させる方法としては、バランスの良い食事を心掛けるとともに、十分な睡眠時間を確保するなどという生活習慣を整えるようにすることが大切になります。

 

スポンサーリンク

 

 帯状疱疹が治った後の肌の状態には個人差があります。
 しかし、患部が治ってくる過程で、痒みを感じることがあります。
 この時に掻いてしまうと、跡が残りにくくなりますので、注意が必要です。

 

 また、かさぶたが取れた直後の肌は非常に敏感になっています。
 このような状態の時に日焼けなど肌にダメージを与えてしまうと色素沈着の原因になりますので、日焼け対策をしっかりと行うようにすることが大切になります。

 

 最終手段として、皮膚の移植手術があります。
 しかし、傷跡が残る可能性があり、最終的な手段であると考えるべきでしょう。

 

 時間の経過とともに、薄くなることもありますので、早急に決断することは避けるようにしましょう。
 市販されているクリームを使用しても効果を得ることが出来ないという場合には、皮膚科などに相談するようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹の症状と発熱について

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。