帯状疱疹 後遺症 しびれ

帯状疱疹の後遺症でしびれが残る?

 

 帯状疱疹の後遺症ではしびれが残るのでしょうか。

 

 帯状疱疹とは感染症の一種で、子供の時に感染・発症することの多い水疱瘡のウイルスと同じウイルスの感染で発症します。

 

スポンサーリンク

 

 水疱瘡に感染して発症、その後無事に治ったとしても体内にはウイルスが潜伏し続けます。
 本人が元気な状態であればウイルスを抑え付けておけるのですが、免疫力が低下すると再び活性化することがあります。

 

 この再活性化によって体に症状が現われるというのが、帯状疱疹が発生するメカニズムとなっています。

 

 帯状疱疹を発症した場合に現われる症状としては、体のどこかに現われる帯状の水ぶくれが挙げられます。
 この水ぶくれの発生に伴って患部に痛みやしびれを感じることも多く、その痛みの強さは人それぞれです。

 

 初期の段階では神経痛に似た痛みが現われて、数日後に水ぶくれが複数発生してきます。
 この水ぶくれは日数が経過すると化膿することが多く、やがては潰れてかさぶたのようになって治っていきます。

 

 この一連の流れが終了するまでにかかる日数は、発症から大体3週間程度と言われています。

 

スポンサーリンク

 

 前述したように帯状疱疹は3週間ほどで自然と治ってくることが多いのですが、原則として病院を受診するのが望ましいです。
 何故ならば中には症状が重くなってしまうケースもあり、そうなると入院しての治療が必要になるからです。

 

 病院での治療方法としては抗ウイルス薬の投与を行なうのが一般的ですが、痛み等が強い場合にはステロイド薬を用いることもあります。

 

 また帯状疱疹は症状が治ったとしても、患部にしびれ等の後遺症が起こる場合もあるとされています。
 これは患部にウイルスの攻撃による痕が残るのが原因とされていて、数ヶ月経ってもしびれ等が続くことがあります。

 

 こうした後遺症は症状が重かった人に現われやすいと言われていて、早めに緩和するための治療を行うことが大切です。
 この後遺症の具体的な治療方法としては、症状を和らげる効果が期待できる薬を服用するのが一般的となっています。

 

 他にも患部に局所麻酔を直接注射するという、神経ブロックという方法が用いられるケースもあります。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹の症状で熱や頭痛がある?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。