帯状疱疹 熱 頭痛

帯状疱疹の症状で熱や頭痛がある?

 帯状疱疹の症状で熱や頭痛が出るのでしょうか。

 

 帯状疱疹という病気があります。
 あまり聞き慣れない病気ですが、この病気には次のような特徴があります。

 

スポンサーリンク

 

 帯状疱疹は、水疱瘡を引き起こす原因となっているウイルスと同じウイルスが関係しています。
 水疱瘡は子供に多く見られる病気ですが、発症をしたあと1週間程度で治まるようになります。

 

 しかしここで注意しなければいけないことがあります。
 水疱瘡が治ったからといってウイルスが完全に消滅したということではないのです。
 体の神経節という部分に隠れて存在しているのです。

 

 その後、大人になるまで何十年もこの部分に潜伏しているのです。
 また免疫力が低下したときには、このウイルスが悪さをするようになります。
 免疫力が低下することでウイルスが復活しますが、その結果皮膚に帯状に水ぶくれなどを作るようになります。

 

 このような症状が特徴的となっていることから、帯状疱疹と呼ばれるようになっています。
 50歳以上の中高年に比較的多く見られています。

 

スポンサーリンク

 

 しかし、最近では20歳〜30歳という若い人の間でも帯状疱疹が見られるようになってきました。
 具体的にはどのような症状が体に現れるようになるのかというと、基本的には痛みから発生することが多くなります。

 

 そして、痛みを感じた部分にブツブツという赤い発疹が出てくるようになります。
 胸や背中や腹部などにたくさん見られるようになります。

 

 この他に、発熱や頭痛を訴えるという人もいます。
 発熱や頭痛に関しては、風邪と同じような症状なので風邪と間違える人もいます。
 風邪薬を服用してもなかなか熱が下がらなかったり頭痛が続くというような場合には、帯状疱疹の可能性があります。

 

 病院の皮膚科を受診しますが、問診と視診だけですませるところも多くなっています。
 とくに検査が行われることがありませんが、水疱を採取して顕微鏡でウイルス感染細胞の検査をしてくれるところもあります。
 治療に関しては、原因ウイルスに対して抗ウイルス薬が処方されます。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹でリンパにしこりができる?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。