帯状疱疹 症状 発熱

帯状疱疹の症状と発熱について

 帯状疱疹の症状と発熱はどうなのでしょうか。

 

 帯状疱疹は体内にあるウイルスが、何らかの原因によって発疹として表れる症状をいいます。
 帯状疱疹の初期症状は首や背中などに赤い出来物が出来ることです。
 そして症状が進むと顔や全身に赤い出来物が発生します。

 

スポンサーリンク

 

 病気が進行すると発熱を引き起こすのが特徴的です。
 この発熱は個人差はありますが、数日間から1週間続くことがあります。
 そのため水分補給が非常に大切になります。

 

 水分補給をしていないと脱水症状を引き起こすなどによって、危険な状態になってしまう場合があります。
 また帯状疱疹が疑われる場合は、病院に行くことが非常に大切です。
 病院で診察をして、解熱剤や塗り薬などの処方をして貰って、そして家で安静にしている事が大切です。

 

 高熱によって食事も困難な場合は入院の処置となるケースもあります。
 この場合、院内感染を防ぐために隔離病棟になるのが一般的です。

 

 帯状疱疹を引き起こす要因としては様々な理由が挙げられます。
 まずストレスによって免疫力が低下して引き起こす人がいます。

 

スポンサーリンク

 

 これと同じように、睡眠不足や過労によって免疫力が低下してその結果、症状を発症させてしまう人もいます。
 特に高齢者の方々は免疫力が弱りやすい傾向があるために、病気対策が大切となります。

 

 また感染力が高い病気であるために、家族から感染するケースもあります。
 例えば家族の身体の発疹を触ったりするなどすると感染する可能性が高くなります。

 

 高齢者が帯状疱疹を引き起こしてしまうと、高熱や身体の痛みに苦しむことになって、体力が低下するために注意が必要です。
 もしも看病をする家族がいない場合は入院することを推奨します。
 この病気は初期は身体に痛みを引き起こす人もいますが、治りかけの場合は痒みを引き起こす人もいます。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹で顔などに現れる初期症状は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。