帯状疱疹 完治 期間

帯状疱疹が完治するまでの期間はどれくらい?

 帯状疱疹が完治するまでの期間はどれくらいなのでしょうか。

 

 忘れた頃にやってくるのが、帯状疱疹という病気です。
 帯状疱疹って、あまり聞いたことがない病気かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 では、水疱瘡は聞いたことがあるかと思います。
 恐らく、子供の頃に罹っている人がほとんどでしょう。

 

 帯状疱疹は、この水疱瘡が再発するというイメージの病気です。
 再発と言っても、新たに感染するわけではありません。

 

 水疱瘡が治ってもそのウイルスは完全に死滅するわけではなく、体内に潜んでしまいます。
 そのウイルスが、再度活発に活動をすることで帯状疱疹を発症してしまうのです。

 

 水疱瘡が再発したのに、水疱瘡と呼ばずに帯状疱疹と呼ぶというのもいささか不思議な気がしますが。

 

 再発のキッカケは、何と言っても免疫力の低下です。
 特に、年齢的に体力が落ちて、免疫力が低下する50代以降に多く見られるようになります。

 

スポンサーリンク

 

 また、風邪などで体力が弱っている場合などにも再発しやすくなります。

 

 このウイルスは、神経節に潜んでいるため、再発した時には、それに沿った形で発疹が現れるようになります。
 身体の片側に帯状に発疹がでることが多いことから、帯状疱疹と呼ばれています。

 

 発疹が出る時には、ピリピリといった痛みを覚えることも多くなっています。
 発疹が赤くなり、水疱ができたり、発熱したりするようになります。

 

 このようになったら、早めに病院へ行って診てもらいましょう。
 帯状疱疹では主に抗ウイルス薬の服用で治療を進めるようになります。
 症状が重い場合には、入院して点滴治療になることもあります。

 

 治療にかかる期間は、およそ数週間と言われています。
 その症状や治療開始の時期によって変わってくるのですが、できるだけ早期に治療を始めた方が効果的です。

 

 遅くなると、帯状疱疹後神経痛になってしまうことが多く見られるようになります。
 これは、帯状疱疹によって神経自体に炎症が起こってしまうことで発症するものです。
 帯状疱疹に限らず、早めに診察を受けて早めに治療を始めるのがどのような病気でも効果的なのです。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹が再発するのは同じ場所?それとも違う場所?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。