帯状疱疹 再発 同じ場所 違う場所

帯状疱疹が再発するのは同じ場所?それとも違う場所?

 帯状疱疹は同じ場所に再発するのでしょうか。
 それとも違う場所に再発するのでしょうか。

 

 帯状疱疹は、子供の頃に罹った水疱瘡のウイルスが再び活動を始めて発症するようになる病気です。
 このため、水疱瘡になったことがない人が帯状疱疹になることはありません。

 

スポンサーリンク

 

 もし、そのような感染症になったとしたら、それは帯状疱疹ではなく水疱瘡ということになります。
 ただ、ほとんどの人が子供頃には水疱瘡に罹っているので、大人になって水疱瘡になるということは少なくなります。

 

 水疱瘡のウイルスは、症状が治まると神経節に潜伏するようになります。
 そして、長年の年月を経て復活する時をじっと待っているのです。
 ただ、全ての水疱瘡ウイルスが復活を遂げられるわけではなく、その宿主の免疫力が大きく関係してきます。

 

 帯状疱疹を発症するのは、多くは50歳以上の中高年とされています。
 この年代になると、仕事や生活のストレスや疲れなどと共に体力の衰えもあり、どうしても免疫力が低下してきてしまいます。

 

 そういう状態になると、水疱瘡のウイルスが再び活性化され活動を始めるようになるのです。
 そのウイルスによって赤い発疹や水膨れができ、痛みも伴うようになります。

 

 それらの発疹が身体の片側の神経節に沿って帯状に現れることから帯状疱疹と呼ばれるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

 この病気は、早めに治療を始めることが大事です。
 症状が現れたのに、そのまま治療をしないでいると、発疹が治まっても神経が損傷を受けるため痛みが続くことがあります。
 このような症状を「帯状疱疹後神経痛」と呼んでいます。

 

 帯状疱疹は、再発することもあるのですが、その確率は約1%ほどとかなり低くなっています。
 また、再発する場合には同じ場所にでることがよく見られています。

 

 帯状疱疹の治療では、バルトレックスなどの抗ウイルス薬が使われるようになります。
 また帯状疱疹後神経痛になりにくくするために、ビタミン注射をすることもあります。

 

 いずれにしても帯状疱疹が疑われたら、すぐに皮膚科に行って治療を受けるようにしましょう。

 

 ウイルスの活動が活発になると、合併症を引き起こすことがあるので注意が必要です。
 合併症には、髄膜炎、脳炎、ラムゼイ・ハント症候群などが知られています。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹の薬はいつまで必要か? 

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。