帯状疱疹 自然治癒 期間

帯状疱疹は自然治癒する?その期間は?

 帯状疱疹は自然治癒するのでしょうか。

 

 50代以上に発症しやすいと言われているのが、帯状疱疹です。
 ストレスや疲れが溜まったりすると免疫力が低下してしまい、身体の中に潜んでいる水疱瘡のウイルスが活性化してしまい、帯状疱疹を発症すると言われています。

 

スポンサーリンク
 

 

 この帯状疱疹は、自然治癒するのでしょうか。
 また、自然治癒するとしたら、その期間はどれくらいなのでしょうか。

 

 ここでは、帯状疱疹の自然治癒についてお話ししていきます。

 

 帯状疱疹では、身体の片方にピリピリとした痛みと共に赤い発疹や水ぶくれができるようになります。
 その原因は、水疱瘡のウイルスです。
 子供の頃に水疱瘡に罹った人も多いことでしょう。

 

 水疱瘡は治っても、そのウイルスは神経節に潜むようになります。
 その後、長期間してから、体力が落ち、免疫力が低下した時に再び活動を始めるようになります。

 

 通常、帯状疱疹の治療では、抗ウイルス薬を服用するようになります。
 再活性したウイルスに対して効果的な薬を使用して、ウイルスを退治するようにします。

 

スポンサーリンク

 

 ここで気になるのが、帯状疱疹は自然治癒するのかということです。
 そもそも発症するのは、ストレスや疲れが溜まっていて、体全体の免疫力も低下しているような場合です。
 それで、ウイルスが再度活性化されるわけです。

 

 このようなウイルスや細菌に対して自然治癒力が働くのは、免疫力の強さにかかっています。
 帯状疱疹が発症した時点で、免疫力はかなり低下していると考えられます。
 従って、その低下した状態の免疫力では、帯状疱疹が自然治癒することはほとんど期待できません。

 

 ただ、その完全にその可能性がないともいい切れません。
 絶対安静にして体力や免疫力の回復を待ち、帯状疱疹を治すこともできるかもしれません。 
 それは、その人の持つ生命力にも関係してくることでしょう。

 

 しかし、1週間経っても症状の軽減が見られず、悪化するようであれば、すぐに病院へ行きましょう。
 あまり我慢していると、帯状疱疹が治ってもその後神経自体に障害が残る帯状疱疹後神経痛になってしまう恐れがあります。

 

 帯状疱疹の自然治癒を期待するよりも、普段から体力や免疫力の維持・強化に努め、帯状疱疹にならないようにすることが最も大事になります。
 予防に勝る治療はないのです。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。