帯状疱疹 塗り薬 市販 軟膏

帯状疱疹に市販の塗り薬は効くの? 

 帯状疱疹に市販の塗り薬は効くのでしょうか。

 

 50歳以上の人に罹りやすいと言われている病気の一つに帯状疱疹があります。

 

 帯状疱疹では、ピリピリした痛みと共に赤い発疹が出て水ぶくれになってきます。

 

スポンサーリンク

 

 帯状疱疹では、原因となるウイルスが神経を刺激することで激しい痛み出て、夜もよく眠れないということもあります。
 水ぶくれが破れてかさぶたになってくると、徐々に症状も治まるようになります。

 

 このような帯状疱疹では、通常は病院で抗ウイルス薬を処方してもらうことが一般的な治療方法になります。
 しかしながら、病院へ行けないような時には、市販薬等で対処したらどうかと考えるかもしれません。

 

 帯状疱疹で、そのような市販の塗り薬等での対処は効果があるのでしょうか。

 

 結論から言うと、帯状疱疹に効果的な薬は市販されていません。
 発疹や水ぶくれなどに効く何らかの塗り薬がありそうにも思われるかもしれませんが、実際にはないのです。

 

スポンサーリンク

 

 このため、自宅に何らかの塗り薬があっても、決して使わないようにしましょう。
 発疹や痒みにいいと思って素人判断で下手に使用すると、逆に帯状疱疹を悪化させてしまうこともあります。

 

 何らかの異変を感じて帯状疱疹の可能性がありそうだと思ったら、早めに皮膚科で診てもらうのが賢明です。
 しかも、治療開始が早い程、その後の後遺症である帯状疱疹後神経痛になることも少なくなります。

 

 また、症状進んでしまって起こる合併症のリスクを回避することもできるようになります。
 合併症には、脳に影響の及んだ髄膜炎や顔に現れるラムゼイ・ハント症候群などがあります。

 

 ただ、病院で処方してもらう抗ウイルス薬は効果が高いものの、その副作用にも気をつけないといけません。
 場合によっては、下痢や嘔吐、めまいなどの症状を引き起こすこともあるとされています。

 

 また、腎臓の機能低下のある場合には、抗ウイルス薬の使用量を調節しないといけなくなることもあります。
 人工透析をしている場合などには、きちんと医師に伝えるようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹はどのような過程で治る?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。