帯状疱疹 お酒 いつから

帯状疱疹になったらお酒はいつから飲める?

 帯状疱疹になったら、お酒はいつから飲めるのでしょうか。

 

 帯状疱疹は、中年以降に発症しやすいと言われている病気です。
 これは、子供の時に罹った水疱瘡のウイルスによって発症するものです。

 

スポンサーリンク

 

 しかし、水疱瘡が再発するということではありません。
 基本的に水疱瘡は一度罹ったら、二度と罹らない病気だからです。

 

 実は、水疱瘡が治ってもその原因となったウイルスは体内に潜伏するようになるのです。
 それが、長い年月を経て、再び活溌になって発症するのが帯状疱疹になります。

 

 中年以降になりやすいのは、体力が低下し始める年代で免疫力も低下してくるようになるからです。
 帯状疱疹ウイルスは、身体の神経節に潜んでいることが多いため、発症時にはその神経節に沿って症状が現れるようになります。
 多くは、身体の左右どちらかに帯状に赤い発疹が現れ、強烈な痛みや痒みが生じるようになります。

 

 時間の経過とともに発疹が水ぶくれになり、それが破れてかさぶたになり次第に治まっていくようになります。
 その間には、痛みや痒みが続くようになります。

 

 治療では、そのウイルスを退治するための抗ウイルス薬を服用するようになります。
 この間は、お酒が控えるようにしなければいけません。

 

スポンサーリンク

 

 基本的に薬を服用中には、お酒は厳禁です。
 それは、どんな薬もアルコールが体内にあることを想定して作られていないからです。
 そのため、あらぬ副作用を招いてしまうことがあるので注意しましょう。

 

 また、お酒によって血管が広がり、帯状疱疹の炎症が悪化するおそれもあります。
 発疹が消えて、痛みや痒みが治まるまではお酒は我慢することが大事になります。

 

 概ね、1〜2ヶ月程度で帯状疱疹の症状も治まってくるようになります。
 それまでは、大好きなお酒であっても控えて治療に専念するようにしましょう。

 

 我慢しきれずにお酒を飲んでしまうと、薬の効果が弱まり、帯状疱疹の治りが遅くなったり、治ってもその後に神経痛が残ってしまう「帯状疱疹後神経痛」になってしまうおそれもあります。

 

 そもそも体調の悪い時にお酒を飲んでも美味しくはないものです。
 本来の体調に戻してから、お酒は楽しく、美味しく飲みたいものですね。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。