帯状疱疹 症状 腕

帯状疱疹の症状は腕にも出る?

 帯状疱疹の症状は腕にも出るのでしょうか。

 

 帯状疱疹は、子供の頃に罹った水疱瘡が元になって発症する病気です。
 と言っても、水疱瘡が再発すると言うことではありません。

 

スポンサーリンク

 

 水疱瘡が治っても、その原因となったウイルスが神経細胞の中に潜んでしまうようになります。
 歳を取って疲れが出たり、体力が低下して免疫力が弱くなた時にそのウイルスが再び活動を始めてしまい、帯状疱疹になってしまうのです。

 

 このウイルスが神経に沿って増殖するようになるため、身体の片方に帯状に広がってしまうことが多くなります。
 通常は胸から背中あたりに広がるのですが、稀に腕に症状が広がっていくこともあります。
 ただ、両腕に同時に出ることは滅多になく、通常は片腕に出るようになります。

 

 このように神経に沿って起こるようになるため、神経が刺激されて強い痛みを伴うようになります。
 特に赤い発疹が水ぶくれになった頃には痛みも強く、満足に眠れないほどになることもあると言われています。
 また、発熱することもあり、早めに抗ウイルス薬での治療をすることが大事になります。

 

 治療が遅れると治っても痛みが続くようなこともあります。
 これは、帯状疱疹後神経痛と呼ばれている症状です。

 

スポンサーリンク
 

 

 帯状疱疹は、体力が低下した時に発症しやすいので、まずはゆっくりと静養することが大事になります。
 医師の診察を受けて適切な薬を服用することで回復していきます。

 

 ただ、稀に合併症を引き起こすこともあるので注意しなければいけません。
 特にその症状が顔や頭に現れた場合には、髄膜炎や脳炎、ラムゼイ・ハント症候群などを引き起こすこともあります。
 頭痛や嘔吐、顔面麻痺などの症状が起こるようであれば、すぐに病院へ行きましょう。

 

 帯状疱疹は、その昔水疱瘡になったことがあれば誰でもが罹る可能性のある病気です。
 しかし、疲れやストレスなどを溜めないようにし、規則正しい生活習慣を心がけることで予防することはできます。

 

 特に食生活には充分に気をつけるようにしましょう。
 これは、がんや糖尿病などの生活習慣病を引き起こす大きな要因ともなってきます。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹の治療が遅れると。。。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。