帯状疱疹 病院 行かない

帯状疱疹は病院に行かないと治らない?

 中高年に多く見られる病気に帯状疱疹があります。

 

 これは、小さい頃に罹った水疱瘡のウイルスがその後も身体の中に潜んでいて、体調悪化などの免疫の低下によって再び活性化してしまうことで発症する病気です。

 

スポンサーリンク

 

 この帯状疱疹になったら、病院に行かないと治らないのでしょうか。

 

 帯状疱疹では、再び活溌になったウイルスによって皮膚に赤い発疹や水ぶくれなどの症状が現れるようになります。
 ウイルスは神経節に潜んでいるため、神経に障害を引き起こすようになり、激しい痛みが生じるようになります。

 

 この痛みは、時に夜眠れなくなるほどに強くなるとも言われています。
 そのため、痛みに耐えられないということも決して珍しいくはありません。

 

 そのような場合には、やはり病院へ行って診察を受けることが大事になってきます。
 無理に我慢しても痛さが激しくなったり、睡眠不足になって却って体調悪化に陥ってしまうようになります。

 

 また、その神経の障害によって、帯状疱疹が治ってもその後に痛みの残る「帯状疱疹後神経痛」になる可能性も大きくなります。

 

スポンサーリンク

 

 病院では、抗ウイルス薬が処方されるのが一般的です。
 これによってウイルスの増殖を抑え、帯状疱疹の症状緩和が可能になってきます。
 また、ウイルスに対する新たな免疫ができてくることで、ウイルスが退治されるようになります。

 

 勿論、病院へ行かなくても、その免疫ができるまでしっかりと静養していれば、自力で帯状疱疹を治すことは不可能ではありません。
 しかしながら、その症状が顔や頭などに及んでしまうと、新たな合併症を引き起こすこともあるので注意しなければいけません。

 

 そのような合併症には、髄膜炎や脳炎、ラムゼイ・ハント症候群などがあります。
 髄膜炎や脳炎では、ウイルスが入り込むことによって頭痛や嘔吐などが現れるようになります。
 また、ラムゼイ・ハント症候群では顔面麻痺によって 目や口が開かなくなってしまったり、耳鳴りや難聴を引き起こすようなこともあります。

 

 このように帯状疱疹もその症状によっては、病院に行かないと治らないこともよくあるものです。
 無理に我慢しないで、おかしい時には専門家に相談するようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹の完治の目安や期間は? 

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。