帯状疱疹 痛み止め 薬 効かない

帯状疱疹で痛み止めが効かないのは?

 

 帯状疱疹では痛み止めが効かないのでしょうか。

 

 帯状疱疹は、その痛みが激しくて夜も眠ることができないことがあるとも言われています。

 

スポンサーリンク

 

 帯状疱疹でも始めの頃は、ピリピリとした痛みを感じる程度です。
 そのため、違和感を感じつつもそのままにしてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

 帯状疱疹の症状として、赤い発疹やその後の水ぶくれなどがあり、やがて水ぶくれも治まりかさぶたになって治るようになります。
 たた、その症状は身体の胸や脇腹、腕などどこにでも現れる可能性があります。
 それは、帯状疱疹の原因が、体内に潜んでいる水疱瘡を引き起こしたウイルスだからです。

 

 水疱瘡は子供の頃に罹ることの多い病気ですが、治ってもそのウイルスは死滅しないで体内に留まるようになります。
 それも神経節に隠れるように潜んでしまうので、再び活溌になるとその神経節に沿った形で発疹が現れるようになります。

 

 ウイスルが活溌になるのは、たいてい免疫力が衰えた場合に多くなります。
 特に高齢者は体力も低下し、他の病気などもあって免疫力は低下気味になってしまいます。
 また、疲れやストレスが溜まって免疫力が低下してしまうこともあるので、日頃から健康管理には気をつけるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 帯状疱疹に気が付いたら、できれば病院で診てもらうのがお勧めです。
 そのままで治ってしまうこともありますが、きちんと抗ウイルス薬等を服用した方が後々苦労しなくて済むようになるからです。

 

 皮膚の症状が治まれば、痛みも和らぐと思っている人も多いのですが、その後も痛みが続いてしまうこがあります。
 これは帯状疱疹後神経痛と呼ばれている症状で、神経そののものが障害を受けてしまったと考えられるものです。

 

 一度、障害を受けた神経は元には戻ることはないとされています。
 そのため、帯状疱疹後神経痛を完治させる方法は今でもないとも言われています。
 通常の痛み止めを使っても効かないのは、不思議でもなんでもないのです。

 

 このような場合には、一度病院で専門医に診てもらうことが大事になります。
 神経の痛みそのものを和らげるような治療を受けることもできるようになってきています。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。