帯状疱疹 子供 原因

帯状疱疹の原因は子供の頃の病気に関係あり?

 帯状疱疹の原因は、子供の頃の病気に関係があるのでしょうか。

 

 帯状疱疹は皮膚表面に現れ、帯状に広がるブツブツとした発疹を指します。

 

 個人差はありますが、ヒリヒリとした痛みがあったり、衣服が擦れるだけで飛び上がるほどの痛みを発症します。

 

スポンサーリンク

 

 帯状疱疹が人にうつる事はありませんが、見た目が目立つため周囲の目に留まります。

 

 多くの場合は腕や脚、腹や背中等に現れますが、稀に顔に出る場合もあるので早期対処が必要になります。

 

 帯状疱疹は子供の頃にかかった水疱瘡が原因で発症します。

 

 水疱瘡は薬で治療できますが、ウイルス自体は皮膚内部に留まります。

 

 そのウイルスが数年後や数十年後に何らかが要因となって皮膚に現れる事があります。
 それが帯状疱疹です。

 

 子供の頃に発症した場所と必ずしも同じ場所に現れるとは限らないため、発疹が出る場所は様々です。

 

 原因は水疱瘡でも、治療方法は違うため、医療機関を受診する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 帯状疱疹は医療機関を受診しても即日完治する病気では無いです。
 治療方法や服薬や塗り薬が処方されますが、診察を見た医師によって判断は分かれます。

 

 完治しても再発する可能性も高いため、生活習慣も同時に見直す事が大切です。
 暴飲暴食や睡眠不足等のストレスは体に大きな負担となります。

 

 また栄養成分の偏りや運動不足も血液循環を鈍らせる原因となります。
 皮膚の病気は強いストレスと密接な関係があるため、一つ一つの要因を取り除いてあげる事が大切です。

 

 また帯状疱疹は衣服の擦れで状態が重くなる場合もあるため、着る服には気を使う必要があります。
 かきむしると痕になる可能性もあるため、なるべく触らないように生活します。

 

 乾燥しすぎると発疹が増えたり痛みも増すので、外気や室温に気を付けて、刺激を与えないように工夫する事も大切です。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹の原因はお酒だった?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。