帯状疱疹 痛み 緩和 方法

帯状疱疹の痛みを緩和させる方法は?

 帯状疱疹の痛みを緩和させるには、どのようにしたらいいのでしょうか。

 

 帯状疱疹は、その痛みが酷くなることでよく知られた病気です。 
 最初は、皮膚にピリピリとした痛みを感じる程度だったのが、次第に激しい痛みになっていくことがあります。
 痛みが酷くなると、夜も満足に眠れない程とも言われています。

 

スポンサーリンク

 

 このような帯状疱疹の痛みを緩和させるにはどのような方法があるのでしょうか。

 

 まず、帯状疱疹では、その治療が遅くなって症状が悪化すると、治っても神経の障害が長引いてしまうことがあります。
 そのような後遺症が「帯状疱疹後神経痛」と呼ばれる症状で、長い間痛みに悩まされることも珍しくはありません。

 

 そのため、皮膚に何らかの違和感を感じたら、早めに皮膚科で診てもらうことが大事になってきます。
 症状の軽いうちに治療を始めれば、激しい痛みを避けることができます。
 さらに、神経の障害も防げるので帯状疱疹後神経痛も避けることができるようになります。

 

 どんな病気でもそうですが、早期発見、早期治療が重症化を防ぐには大切になってきます。

 

 そうは言っても、なかなか病院へ行く時間もない場合もあることでしょう。
 治療を始めるのが遅くなってしまうことも避けられないこともあります。

 

スポンサーリンク
 

 

 そんな時に、痛みを和らげるにはどうしたらいいのでしょうか。
 まずは、抗ウイルス薬を服用して、ウイルスの増殖を抑えるようにします。

 

 同時にしっかりと静養して、身体の免疫力を上げるようにします。
 それによって、抗体ができてくるので、ウイルスを退治することが可能になってきます。

 

 それでも発疹が増えたりして痛みが強くなることもあります。
 抗炎症薬や鎮痛剤などを使うことで、炎症を抑え、痛みを軽減させることが期待できます。

 

 また、生活面でも工夫することによって痛みを緩和させることが可能です。
 帯状疱疹では、患部を温めると痛みが和らいできます。

 

 このため、入浴時にはゆっくりと湯船に浸かって温まるとよいでしょう。
 また、温泉などでのんびりするのも、ストレス解消にもなるので相乗効果が期待できます。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹に似た病気とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。