帯状疱疹に 似た 病気

帯状疱疹に似た病気とは?

 

 帯状疱疹に似た病気とは、どのようなものなのでしょうか。

 

 帯状疱疹は、比較的年齢の高い人に発症しやすい病気です。

 

スポンサーリンク

 

 主に身体の片方にピリピリした痛みと共に赤い発疹ができるようになります。
 発疹は痒みを伴うこともあり、やがて水膨れとなって破れていきます。
 この症状は顔や頭に現れることもあり、その影響で顔面麻痺や頭痛を引き起こすようなこともあります。

 

 水膨れがかさぶたになることで徐々に治まってきますが、数週間に渡って続くこともあり、その間には痛みが激しく夜も眠れないようなこともあると言われています。

 

 また、その発疹が帯状に現れることが多いことから、帯状疱疹という病名が付けられています。
 症状が軽ければ、自宅で静養すれば治ることもあります。

 

 ただ、治療の遅れで神経の障害が進んで、帯状疱疹が治っても痛みが残ってしまうこともあるので注意が必要です。

 

 これは、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる症状で、場合によっては数年という長い期間に渡って痛みが続くようにもなります。
 この痛みも強くペインクリニック等での治療になることも多くなっています。

 

スポンサーリンク

 

 このような帯状疱疹ですが、その原因は子供の頃に罹った水疱瘡に起因しています。
 水疱瘡は一度罹ると二度目はないのですが、そのウイルスは体内に潜伏するようになってしまいます。
 年齢を重ねて、体力が低下し免疫力が弱くなってくると、再びそのウイルスが活溌になって帯状疱疹が発症するのです。

 

 この帯状疱疹とよく似た病気に、ヘルペスがあります。
 ヘルペスもウイルスによって発症するようになる病気ですが、帯状疱疹とは違ったウイルスです。

 

 ヘルペスでも、発疹や水膨れが現れますが、その場所は顔や唇などが多くなっています。
 また、そのウイルスは感染力が強いので、ヘルペスになったら他の人にうつさないように気を付けなければいけません。
 ただ、帯状疱疹とは違って、その後遺症というのはほとんどなく、また再発することが多くなります。

 

 ヘルペスもピリピリとした痛みや痒みを感じることがあり、赤い腫れや水膨れなども見られます。
 このため、帯状疱疹と見間違えることもあり、病院でしっかりと診てもらうことが大事になります。

 

 次の記事はこちらです。
 帯状疱疹になったら仕事を休んで安静が一番?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。