帯状疱疹 安静 仕事

帯状疱疹になったら仕事を休んで安静が一番?

 帯状疱疹になったら仕事を休むのがいいのでしょうか。

 

 帯状疱疹は、ウイルスによって発症する病気です。
 ただ、風邪などの感染症とは違い、そのウイルスは外部から侵入してくるものではありません。
 では、一体どこからそのウイルスが現れるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 そのウイルスは、子供の頃に罹った水疱瘡のウイルスです。
 水疱瘡が治っても、そのウイルスは体内の神経節に潜んでいるのです。

 

 それが、年月を経て歳を取ったり、他の病気などで体力や免疫力が衰えると、再び活溌になってきます。
 それで発症するのが帯状疱疹になるのです。

 

 ピリピリした痛みが現れることが多く、その後発疹や腫れ出るようになってきます。
 さらに、水膨れとなって、痛みが強くなっていきます。
 痛みが酷い場合には、夜も充分に眠れないこともあると言われています。

 

 このように帯状疱疹はウイルスによるもので、そのウイルスを退治することが大事になってきます。
 そのため、まずは病院で抗ウイルス薬を処方してもらい服用することが必要になります。

 

スポンサーリンク

 

 それとともに、仕事は休んで自宅でゆっくりと安静にすることも大事になります。
 それは、安静にすることで体力が回復していき、新たな免疫が作られるようになるからです。
 抗ウイルス薬はウイルスの活動を抑えることはできますが、退治するには新たな免疫力がとても大事になってくるからです。

 

 症状が比較的軽いと仕事を休むのは憚られるますが、悪化しないためにも休んだ方がいいでしょう。

 

 また、帯状疱疹ではその神経の障害によって治療後にも痛みが残ってしまうことがあります。
 これは、帯状疱疹後神経痛と呼ばれている症状で、長く続くこともあるので注意が必要です。

 

 早めに病院で診察を受けて適切な治療をすることが、帯状疱疹を悪化させたり、帯状疱疹後神経痛を防ぐには大事になってきます。
 痛みや発疹などに気がついたら、一度病院で診てもらいましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。