帯状疱疹 頭痛に 効く 薬

帯状疱疹の頭痛に効く薬は?

 帯状疱疹の頭痛に効く薬は、どのようなものなのでしょうか。 

 

 中年以降の人に比較的多い病気に帯状疱疹があります。
 身体の片側にピリピリとした痛みを感じ、赤い発疹が帯状に現れるようになります。
 熱を発したり、激しい痛みで夜寝るのも大変になることもあります。

 

スポンサーリンク

 

 さらに、この帯状疱疹によって頭痛が起こることがあります。
 帯状疱疹の頭痛でも発疹が出ていない最初の時期では、普通の頭痛と区別がつかないこともあるので注意が必要です。

 

 身体や顔、前頭部や後頭部に発疹が出るようになったら、帯状疱疹を疑いが出てきます。
 顔面にだた場合には、顔面神経の麻痺により口や目が開きにくくなったりすることもあります。 

 

 このような頭痛では、どのような薬が使われるのでしょうか。
 帯状疱疹の治療には、そのウイルスを退治するために抗ウイルス薬が使われるようになります。

 

 帯状疱疹による頭痛でもウイルスが原因になっているため、抗ウイルス薬を使うのが一般的になります。
 通常では、『バルトレックス』という薬を服用するようになります。

 

 ただ、発熱や痛みなどの症状が重い場合には、入院しての点滴治療になることもあり、その場合にはゾビラックスが使われるようになります。

 

スポンサーリンク

 

 これらの薬は帯状疱疹を引き起こしているウイルスに有効なため、頭痛だけでなく、痛みなどの他の症状の緩和にも効果的です。

 

 頭痛による痛みを抑えるために、一般的な解熱鎮痛剤を服用するようなこともありますが、あくまでも痛みを一時的に和らげるだけです。
 根本的な帯状疱疹の治療にはならないので注意しましょう。

 

 帯状疱疹は、その治療が遅れると治った後でも、その痛みが続くようになることもあります。
 これは、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる症状で、帯状疱疹ウイルスによって神経が損傷されたためです。

 

 神経の損傷は治るのが難しいので、長く痛みが続くこともあり注意が必要です。
 ただ、最近では『リリカ』という薬によってその痛みの治療にも効果が期待されています。

 

 次の記事はこちらです。
 痒いけど痛くない!それでも帯状疱疹なの? 

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。